本文へスキップ

社会人メンバー募集・マンドリン・アンサンブル
Mandolino Elegante

プロフィールprofile

私たち、マンドリーノ・エレガンテは、つねに笑い声の絶えない、とても明るい雰囲気のアンサンブルです。

京都市内はもとより大阪、滋賀などから、50歳代から80歳代という幅広い年代のメンバーが集まり、月2回、金曜日の午後に練習しています。目標は年に一回の定期演奏会!一致団結して頑張っています。

指揮者の川口雅行先生は、高名なマンドリニストでありながら、私たちのゆっくりしたペースに合わせてくださり、ときにユーモアたっぷりのジョークを交えつつ、気長に優しく指導してくださっています。

仕事や子育てで忙しく、何年も楽器から遠ざかっていた方、時間に余裕ができたのを機に新たにマンドリンを習い始めた方、現役でバリバリ弾いているけど一人で弾くのは寂しいという方、私たちと一緒に合奏を楽しみませんか?

練習後のティータイムはもちろん、夏の暑気払い、冬の忘年会は毎回大変盛り上がります。
未公認?のカラオケ部もあり。(カラオケ自慢の方大歓迎!)


社会人メンバー募集中! (現在部員27名:男性3名・女性24名)

年齢、性別、ブランクは問いません。合奏を楽しみたい方ならどなたでも!
見学大歓迎。たくさんの方々のご参加をお待ちしています。
ご興味のある方はメールでお問い合わせください。


パート 人数 パート紹介
1stマンドリン  6名 美しいサウンドを奏でるために練習熱心な1st。6人が意見を出しあって、和気あいあいと練習に励んでいます。1stマンドリンと2ndマンドリンは、演奏会ごとにメンバーを入れ替えています。
2ndマンドリン  7名 セカンドは、和気あいあい、とても賑やかです。残念なのは、男性がいないことでしょうか!若い頃と同じ気持ち(?)で厳しいレッスンに臨めば必ず達成感があると信じ、心を一つにして頑張っています。
セカンドの役割をしっかり果たし、みなさんとともにより美しい合奏を目指していきたいと思っています。
マンドラ  5名 ♪年齢いろいろ…♪体型いろいろ…のマンドラです!低音の魅力に魅かれて練習しています。チームワークはバツグンです!楽しいマンドラパートに入部してください。
マンドリンセロ  3名  ふだんは縁の下の力持ちとしてマンドリンを支えていますが、リズムをリードするうえでは、とても重要な役割を担っています。また、時おり、地の底から盛り上がってくるようなその勢いは聞く人の心に響き、演奏者として快感を覚えます。そんな快感を一緒に楽しみませんか?現在、たった3名で心細い思いで取り組んでおります。「やってみたい!」…そんなあなたをお待ちしています!!
ギター  6名  “エレガンテのメトロノーム”となるべく、先生の指揮に合わせ、アルペジオや和音で一生懸命リズムを刻んでいます。マンドリンアンサンブルにおいては、ギターは伴奏中心の裏方的存在ではありますが、華やかなマンドリンの音色と落ち着いたギターの音色が融合したときの気分は最高です!
ソロ曲中心で演奏している方も、ぜひ一度マンドリンとのハーモニーの楽しさを実感しにいらしてください。楽しい仲間が待っています!

指揮者の紹介


川口雅行


静岡高校よりマンドリンを始め、1970年の第2回全日本マンドリン独奏コンクールにて第1位入賞。

1972年、西ドイツに留学。ザールランド大学で音楽学を専攻する傍ら、ソリストとしてヨーロッパ各地で演奏会、
ラジオ放送等で活躍。

1980年帰国。同年、岩城宏之指揮の札幌交響楽団定期演奏会でD.Erdmann、田中賢のマンドリン協奏曲を初演。
その後、全国各地でリサイタルを催す。また帰国後も、ベルリン放送交響楽団との競演や西ドイツマンドリンフェスティバルに招待されるなどヨーロッパやアメリカなどでも演奏会を行う。

国内では東京フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団等に客演。

1989年第8回藤堂音楽褒賞を受賞。マンドリンを高久倫子に師事。
 
京都音楽家クラブ、関西室内楽協会会員。

マンドリーノ エレガンテ

〒604-8006
京都市中京区御池通り河原町東入 御池阪急ビル3F

TEL 075-221--7272